2012.01.25 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.01.25 Wednesday

    株リッチプロジェクト オープンエデュケーション

    0

      株リッチプロジェクト 

      株リッチプロジェクト 



      下記サイトで購入者レビューを公開中!
      株リッチプロジェクト




      日本の経済がどれだけ悪くなろうが、日本の株式市場(FX、日経225先物市場でも、同じですが)で、利益を得ている投機筋が存在します。

      彼らは、主に低位株といわれる値の安い銘柄を、一定期間をかけて、
      安値で株式を買い占めます。

      そして突然ある日、買い占めた株の急上昇を演出します。

      投資顧問会社、投資情報サービス会社、そして個人投資家を巻き込み、
      相場は更に上昇を続けます。

      そして、相場がピークに達したとき、プロ投機筋(仕手筋)は、一気に売り抜けを行います。

      すると、急上昇していた銘柄は、一気に下落に向かいます。

      実は、このパターンを毎年、繰り返している銘柄群が存在するのです。

      これは、わたしの2年間の検証結果で掴んだ“事実”なのです。

      しかし、貴方はその“事実” を知らないがために、“銘柄選び”を間違えてしまい、大金を失っているのです。


      貴方は、常に銘柄を選ぶとき、そう思っているはずです・・・。
      何故なら、銘柄選びが間違っていれば、損をするからです。

      貴方は、出来る限り値段の安い銘柄に投資をしようと考えているはずです・・・。
      何故なら、投資金額に限界があるため、値段の高い銘柄は、買えない可能性があるからです。

      株リッチプロジェクト

      貴方は、2倍、3倍に大きく上昇する可能性のある銘柄に投資をしたいと
      考えているはすです・・・。
      何故なら、5%、10%程度の上昇では、儲けの金額が少ないからです。

      2011年度版の“株リッチ・プロジェクト”では、65銘柄の、2倍、3倍に大化けする
      可能性の高い銘柄をリスト化していました。

      ちなみに、今回の「2012年度版 株リッチ・プロジェクト」では、87銘柄をリストアップ
      しています。

      リスト化している銘柄は、全て株価の低い“低位株”です。

      では、何故株価の安い低位株に、狙いを定めるのでしょうか・・・?

      情報商材レビュー

      それはスバリ!

      投機筋が参入しやすいからです。

      彼らが参入してきた銘柄をいち早く察知し、その流れに乗ることが、
      低位株投資でもっとも早く、大きく稼ぐための唯一の方法なのです。

      その典型が、2011年に急上昇した、新日本理化(4403)だったのです。

      したがって、わたしたち個人投資家は、株価の安い低位株に、狙いを定めるのです。

      株式投資情報ブログ

      以下が、そのメリットです。

      プロ投機家の買い集めにより、2倍以上の株価変動が期待出来る
      株価が安いので、小額で投資が可能
      多くの株数を取得出来る
      日経平均株価の影響を受けにくい
      資本金が小さいので、まとまった買いが入ると、株価が急騰しやすい傾向がある
      よって、売買タイミングが、判定しやすい
      投資で利益を得ようとする場合、とにかく“シンプル”というのが一番なのです。

      複雑になればなる程、損失に繋がる確率は、一気に高まるのです。

      しかも、既に売買候補銘柄は、リストアップされているので、銘柄選びであれこれ悩む必要も御座いません。
       


      では次に、売買手法について、お話したいと思います。

      先程、「1年で2倍以上になる銘柄は、既にはじめから決まっているのです!」
      と述べましたが、貴方はそのとき、どう思われましたか?

      株リッチプロジェクト 株リッチプロジェクト 2倍、3倍になる株は、決まっている。株リッチ・プロジェクト

      「そうか! じゃあ過去のチャートを見て、自分で選べばいいんじゃないか!」
      こう思われたのでは無いでしょうか・・・。

      株式投資ゴールデンルール 株式投資ゴールデンルール 2億を作った超短期仕手株投資法

      もし、貴方が本当に自分で出来るなら、それでもいいでしょう。
      しかし、現実はそう簡単では御座いません。

      何故なら、個々の銘柄によって、売買戦略がまったく
      異なるからなのです。